ONE PIECEネタバレ感想939話「日和の忘れられない過去」

ONE PIECEネタバレ感想939話「」
Pocket

今回は、2019年4月15日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新939話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介します。

前回938話は、人斬り鎌ぞうを倒したものの、ゾロも倒れてしまいました。

ゾロを介抱する謎の女性は、モモの助の妹の光月日和と判明します。

そして決戦を前に、足首の印と判じ絵がバレてしまった一行は ──という展開でした。

今回939話は、日和の過去を知るゾロや、武装色の覇気を求めるルフィに師匠が ──という流れになりました。

それでは早速、2019年4月15日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新939話のネタバレ・あらすじ・考察についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

関連記事:ワンピース最新刊92巻発売日いつ?収録話もご紹介


スポンサーリンク



漫画『ONE PIECE』前回の内容は「女の秘密」

人斬り鎌ぞうVSゾロ

人斬り鎌ぞうは、ゾロの強烈な一撃に倒れました。

謎の女やおトコは驚いた表情で見守っています。

再び牛鬼丸と戦おうとするゾロでしたが、力尽きて気を失ってしまいました。

ゾロと敵対していた牛鬼丸も、驚いていたものの、にっ…!!と笑って立ち去っていきました。

おトコを抱えていた謎の女性は、ゾロのことを、なんて強さ…とドキドキと頬を染めています。

 

「判じ絵」の秘密がバレた!?

九里のある廃村 ──。

決戦の集合場所を示す「判じ絵」の秘密がバレてしまったようで、錦えもんとミンク族銃士隊が話しています。

足首の印と判じ絵が紐付けられてしまった ──と言う錦えもん。

花の都では、月の印を持つ同志たちが次々と捕まり、大騒ぎとなっていました。

その中には、湯屋に居たドレークやホーキンス達の姿もあります。

中遊郭では、小紫の通夜が、取り乱した人の多さから取り止めに ──。

狂死郎を恨む人間も多いから、気をつけて欲しいと言われて、アレ以外に方法はなかった。一番損害を被るのはおれだぞ ──と言う居眠り狂死郎。

判じ絵を手にして、オロチは苛立っているようです。

 

一方のえびす町では

えびす町では、ナミの幸せパンチをもろに食らったサンジが、顔をボコボコに腫らしまがら、しのぶとローの言い争いを仲裁しています。

しのぶから、ベポ達が作戦を話したからだと責められたローですが、ベポ達なら話すくらいなら死ぬ ──とかばいます。

ベポ達を助けに行き、話しを聞こうとするロー、それを止めるサンジ、捕まった人間は口封じをしろというしのぶ。

カン十郎がしのぶを押し留めようとする最中、「判じ絵」を持っているトの康が入ってきて、決戦が始まるの?と興奮するのでした。

 

光月日和

鈴後の北の墓場で、助けた女性に介抱してもらったゾロ。

刀を取り戻すために牛鬼丸の元へ向かおうしますが、心配した女性に止められてしまいます。

ゾロの傷は、ガマの油を塗ったから直ぐに治ると言うおトコ。

女性はゾロの介抱をしながら、牛鬼丸のことを話しだすのですが ──。

鎌ぞうに狙われた理由をゾロが尋ねると、オロチの怒りに触れてしまった上、もう都に戻れないと答える女性。

二十年前に行き別れた兄を探していると言い、兄の名前は光月モモの助、自分の名前は妹の日和だと告げるのでした。

 

感想

日和がゾロのことを見て、胸を高鳴らせていましたが、これはラブロマンスのフラグと見ていいのでしょうか?

もしそうなら、注目したいところですね!

「判じ絵」の秘密がバレてしまったのは、小紫が持っているのを見た狂死郎がオロチに伝えたのでしょうか……。

足首の印との紐付けの経緯が気になりますね。


スポンサーリンク



漫画『ONE PIECE』最新939話で日和の過去が明らかに?

見た目と年齢のギャップの理由

日和がモモの助の妹だという事実に、驚くゾロ。

そんなゾロに、勇気を出して言ってみてよかった、賭けでした ──と喜ぶ日和です。

兄を知っている様子のゾロに、矢継ぎ早にゾロのことを兄の協力者かと思ったという日和でしたが、反対に兄を狙う敵かもしれないという考えも浮かんで、顔色を変えます。

安心させるように、ゾロが味方だと言うと、錦えもん、カン十郎、雷ぞう、菊の丞も一緒なのか?と畳み掛ける日和。

ゾロは戸惑いつつも、日和から20年前の過去からやってきたモモの助が8歳の姿のままなこと、そのため妹の日和が年上の26歳になっていることを説明され納得しました。

おトコの存在に気づいたゾロが、この秘密を知っても大丈夫なのかと聞くと、既に知っていたから大丈夫と言うおトコ。

日和は、おトコは自分の素顔を知る数少ない親友で、その明るさに日々救われてきたのだと言い、お互いを抱きしめあう2人でした。

 

忘れられない日和の過去とは

20年前のできごとを決して忘れられないと語りだす日和。

自分がおトコくらいの頃、自分の目の前で、燃え盛る炎の中から兄たちが消えるのを見た、そして父であるおでんと母を失ったと言うのです。

すべてを失った日和は、兄の20年後に戻ってくるという言葉を信じられず、生きる意欲すらなくしてしまった、と ──。

なぜ日和だけ残され、モモの助だけが未来へ?というゾロの疑問に、モモの助か日和、どちらかに何かあった場合に、光月家の血が途絶えないようにと自分だけが残されることになった、と答える日和。

酷だなと同情するゾロでしたが、それに対して日和は、自分を支えてくれた河童の河松のことを話すのでした。

 

日和を育てた河童の河松

カッパ!?と信じられない様子で聞き返すゾロに、自らも信じがたいと言いつつ、日和は河童の河松を誇らしそうに語ります。

城が燃え、敵に囲まれる中、水路を使って脱出を手助けしてくれた河松は、ふさぎこんで口も利かなくなった日和を、河童踊りを見せたりして励ましてくれました。

そして、いろいろな理由をつけて、自分は食べずに、日和に食べさせてくれていた、と。

次第に笑えるようになった日和でしたが、13歳の時に河松とはぐれてしまいました。

河松は強い侍だから大丈夫、この国のどこかで決戦の日を待っているはず、と明るく笑う日和なのでした。

 

赤鞘九人男は ──

日和は、イヌアラシやネコマムシも生きていたことを知って喜びました。

しかし、涙を変な顔で堪える日和は、自分は武士の娘だから泣かないと決めているとのことです。

そんな日和の変顔に大笑いするおトコをよそに、ゾロは思案します。

錦えもん、カン十郎、雷ぞう、お菊、イヌアラシ、ネコマムシは、赤鞘九人男の面々 ──。

ゾロが会っていないのは、日和によると、河松、傳ジロー、アシュラ童子の3人です。

しかし、傳ジローとアシュラ童子はどこにいるのか不明です。

現状をいろいろ考えるゾロですが、船頭多くても船は進まねぇ ──とごろりと寝転がってしまいました。

傷を治すために、と眠ることをすすめる日和ですが、おトコとのおしゃべりが大きくて、寝ることもできないと思うゾロ。

しかし、とまることを知らないおしゃべりが続く中で、いつしかいびきをかいて寝てしまうのでした。

 

一方、羅刹町牢屋敷では ──

羅刹町牢屋敷には、オロチやカイドウに逆らったと反逆の意志あり ──との疑いをかけられた者たちが集められています。

そこでは、福ロクジュが封じ絵を見せながら、作戦は失敗だと告げていました。

疑われ、捕らえられた者たちは身に覚えがないと潔白を訴えますが、福ロクジュは聞く耳を持ちません。

通行人の見世物にもなっている牢の中には、ベポたちハートの海賊団もいます。

大変なことになった ──と肩を落とす一行ですが、自分たちが口を割ったと思われるかな、と言いつつも、キャプテンは自分たちを信じてくれる ──とローを信じるのでした。

 

兎丼の囚人採掘場 ──

インフェルノ相撲が続けられる中、ルフィの次の対戦相手として、ギフターズが登場しました。

看守のアルパカマンとアルマジロのスマイルのマジロマンです。

開かずの牢獄では、河松が自分も相撲をやりたいと思いながら見ています。

ワノ国でしか作れない海楼石の銃を取り出したマジロマンに、試合がすぐに終わってしまうのはつまらないと考えた観客たちが非難しますが、やめる気がないマジロマン。

その様子を、あいつらの目は節穴か ──と笑うクイーン。

マジロマンが海楼石の銃で攻撃しますが、ルフィの指示通り動くだけのヒョウ爺は、その攻撃をたやすくかわしていきます。

 

武装色の覇気!?

ヒョウ爺をおぶってマジロマンの攻撃をかわすルフィ。

とめるヒョウ爺に、この方が修行になると言うルフィは、触らずに敵をぶっ飛ばすパンチを出したいと吐露します。

それができるようになれば、カイドウの硬いウロコを壊せるかもしれない ──。

ルフィがレイリーや戦桃丸の武装色の覇気について話すと、ワノ国には刀身に纏わせる力があると言うヒョウ爺。

ルフィの背中から飛び降りたヒョウ爺は、ルフィの指示を受けながらアルパカマンに向かっていきます。

その攻撃の隙を縫って、右腕に武装色の覇気をまとい、アルパカマンに触れずにそののど元を攻撃するヒョウ爺!

見事、アルパカマンを倒したヒョウ爺は、振り向きながらこれかい?とルフィに尋ねます。

教えてくれ!! それだよ、それ!!と興奮気味に叫ぶルフィなのでした。

 

漫画『ONE PIECE』最新939話で武装色の覇気を見せるヒョウ爺

今回、武装色の覇気の攻撃を見せたヒョウ爺ですが、花のヒョウ五郎の強さが伝わるシーンでした!

その強さをルフィに教える流れですが、理想以上の師匠になりそうですね。

手探りで自己流で修行するより、習得にも時短ができますよね。

関連記事:ONE PIECEネタバレ感想940話「兎丼採掘場にビッグマム到着」


スポンサーリンク



漫画『ONE PIECE』最新939話に関するSNSの感想・評判は?

 

漫画『ONE PIECE』最新刊を無料で読むには?

ONE PIECEネタバレ感想939話「」

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアが注目されつつある電子書籍アプリですが、

今私が利用してオススメなのが、U-NEXTになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も揃っていて、600円分無料で読めます!

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH31年4月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

ONE PIECE ネタバレ 最新939話 まとめ

今回は、2019年4月15日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ONE PIECE』最新939話のネタバレ・あらすじ・考察をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今回も濃い展開が続きましたね!

決戦を前に、伏線が回収されたと思ったら、さらに伏線が増え ──ますます面白くなっていきますね!

お菊は男性なのか、日和は小紫なのか、裏切り者は誰なのか、ルフィは武装色の覇気を教わってどこまで強くなる?などなど気になるところがいっぱいです!

スポンサーリンク