リクドウネタバレ最新235話「リクの左カウンターがチャンピオンに火をつける」

リクドウネタバレ最新235話「リクの左カウンターがチャンピオンに火をつける」
Pocket

今回は、2019年4月11日発売の『週刊ヤングジャンプ』連載中の漫画『リクドウ』最新235話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介します。

リクとデイヴィッドの対戦は、エキシビジョンマッチでありながら世界中で注目され、リクがこれまで戦って来たボクサーたちも中継を見ています。

リングイン前に、所沢と馬場から、4発の左を効果的に使う為の中距離でのボクシングを指示され、ついにゴングが鳴りました!

試合開始直後、王者デイヴィッドは積極的に前に出て、リクに先生の左を撃ち込みました!

それでは、2019年4月11日発売の『週刊ヤングジャンプ』連載中の漫画『リクドウ』最新235話のネタバレ・あらすじ・考察についてお届けしていきますので、最後までお見逃しなく!

ひろし
高校の同級生の三瀬や、死んだ神代の姉ユカリも見守るのは、今までのリクの歩いて来た道を示すような状況ですね。

左拳に不安を残したままですが、所沢の助言でチャンピオン攻略の秘策は授けられているようです。

関連記事:リクドウ最新刊18巻発売日いつ?購入特典はある?


スポンサーリンク



漫画『リクドウ』前回の内容は「リクの1発目の左がデイヴィッドに直撃」

デイヴィッドの先制攻撃をリクは躱しますが、これはリクの狙い討ちする左をださせる為の誘い水でした。

限られた左でも、リクなら撃って来ると、デイヴィッドには確信があったのです。

デイヴィッドの左を躱したリクは、左のフックで反撃しますが、デイヴィッドはそれを躱して右アッパーを放ちます!

王者のパンチは受け流しても芯を少しえぐられたような破壊力があります。

リクは、初弾から仕留めに来てくれているデイヴィッドに感謝すらしているようです。

デイヴィッドは前のめりに次々とパンチを繰り出しますが、リクは警戒に躱していきます。

デイヴィッド陣営は、全開のデイヴィッドと、それでも仕留められないリクに戸惑っていますが、馬場会長には想定内の展開で、セコンドの読みという点ではリク陣営が勝っているようです。

王者が左ジャブを放てず自身のジャブを撃ちやすいポジションを取り続けるリクは、デイヴィッド陣営から見てもスピードで上回っているようです。

それでも流石最強王者、上体を反らしてリクの攻撃を誘い、踏み込んだジャブを放つと、椿を制したストレートの威力を持つ王者のジャブがリクの鼻を潰します!

そのままコンビネーションの右を放つべく下半身を踏み込むデイヴィッドから、渾身の大砲がリクの顔面に打ち込まれました!

確かに右はヒットしましたが、デイヴィッドは戦場で向かってくる子供と同じ気配を感じ、その感覚を証明するように、リクがカウンターの左をボディーに打ち込みます!

殴られる時こそより前進してくる者、これが私が超えたい男なんだと、求めていたやり取りにデイヴィッドは興奮を覚えます!

一つ目、リングの外で所沢が冷静に呟きました。

 

感想

リクの左拳の状態を知っているデイヴィッド陣営は短期決戦を指示し、デイヴィッドもいきなり突進していきました。

デイヴィッドの意図は陣営とは違い、リクは制限のある左でも出し惜しみはしないと分かっているからでした。

リクのフットワークはこれまでで最高に良いようです、これも所沢との特訓の成果ですね。

スピードで勝る事が出来ましたが、デイヴィッドの技術は高く、パンチも1発もらったらどうなるか分からない威力です。

そんな命懸けで臨む必要のある相手だからこそ、リクは今まで見れなかったような力を出せる気がします。

ひろし
デイヴィッド陣営は最初から狙っていけとは言ったものの、ここまで全力でいくとは想定外だったんでしょうね。

リクは最初からこのペースで来る事を分かっていたような落ち着いた対応が出来てるので、期待が出来る展開です。


スポンサーリンク



漫画『リクドウ』最新235話でリクを迎え討つのは戦車の装甲?

 

リクの左が王者の動きを変える

リクの左がデイヴィッドのボディにヒットし、所沢の計画の1歩目を成功させました。

最強王者であっても、これには少なからずダメージを受けたはずです。

そうなると、ダメージ回復の意味と、スピードのあるリクを追いかける展開をやめて、デイヴィッドが足を止めて迎え撃つ作戦に変更してくるでしょう。

高いディフェンスの技術と、相手をコントロールする術を熟知している王者の迎撃に対して、ダメージを与えらえるだけの攻撃をリクは持っているのでしょうか。

相手の防御を切り崩す為には必殺の左は使えないし、下手な攻撃ではデイヴィッドが決定打を繰り出すチャンスを与えてしまう事になってしまいます。

 

足を使いたいリクは中距離に誘い込む

デイヴィッドに誘われてインファイトになってしまったら、高いコンビネーションの技術と破壊力の餌食となってしまう為、リクとしては中距離での戦いを継続したいところです。

王者を誘い込みながら、洗車の装甲にも例えられるデイヴィッドの防御にも通じる攻撃を繰り出す必要があります。

所沢と特訓したアウトボクシングやコンビネーションが、デイヴィッドをどれくらい誘い出せるものか、成果が試される場面になりそうです。

 

漫画『リクドウ』最新235話でリクに2発目の左を打つタイミングが訪れる?

 

リクの肉を切らせて骨を断つ戦法

防御力、コンビネーションと非の打ちどころの無い王者にダメージを与える為には、1発目の左を放った時同様、デイヴィッドがリクを仕留めにかかる決定打を撃った直後くらいしか隙がありません。

カウンターの名手の椿も、王者のパンチを躱して放ったカウンターではダメージを与える事は出来ず、被弾した直後に決死のカウンターを放っていました。

リクが勝利するには、椿以上のタイミングでカウンターを叩き込む必要があるという事なので、技術はもちろん、身体をえぐり取られるようなパンチを浴び続ける覚悟が必要になります。

 

蓄積するダメージを超えて動き続ける

ストレートと同等の威力のジャブや、受け流しても芯をえぐられるパンチを使うデイヴィッドの攻撃を食らいながらカウンターを放つ事のリスクは大きいです。

もちろん即KOされてしまう危険もありますし、そうでなくてもダメージは確実に早いペースで溜まっていきます。

今はデイヴィッド以上のスピードで動けているリクですが、ダメージが蓄積されると動きは重くなってしまいます。

そうなった時に、椿のように撃ち合いにもつれ込んで敗れてしまうのか、所沢の伝授した見えないパンチを出すタイミングはそこなのか、リクの真価が問われます。

ひろし
試合が長引けばリクが不利な要素は増えて来る気がしますが、デイヴィッドも最初から全開という異常な展開ですね。

椿みたいにようやくパンチが届いた時には余力が残っていなかったっていうのは残念ですね。


スポンサーリンク



漫画『リクドウ』最新235話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『リクドウ』最新刊を無料で読むには?

リクドウ ネタバレ最新211話「王者と互角の戦いを繰り広げる椿」

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアが注目されつつある電子書籍アプリですが、

今私が利用してオススメなのが、U-NEXTになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も揃っていて、600円分無料で読めます!

リクドウ ネタバレ最新211話「王者と互角の戦いを繰り広げる椿」

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年10月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

リクドウ ネタバレ 最新 235話 まとめ

今回は、2019年4月11日発売の『週刊ヤングジャンプ』連載中の漫画『リクドウ』最新235話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

序盤から猛攻を仕掛けてきた絶対王者デイヴィッドの攻撃をスピードで有利なポジションを作り凌いでいたリク。

百戦錬磨の技術からリクを誘い込み王者が放った渾身の右ストレートを被弾したリクは、それを待っていたかのように左ボディを叩き込みました!

序盤から全開で戦う両者の勝負は次のステージに向かいます!

スポンサーリンク