東京卍リベンジャーズ最新104話ネタバレ「大寿とマイキーの直接対決」

東京卍リベンジャーズ最新104話ネタバレ「大寿とマイキーの直接対決」
Pocket

今回は、2019年4月3日発売の週刊少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』最新104話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介します。

黒龍の特攻服を脱ぎ捨てた八戒は、トーマン弐番隊副隊長を名乗り、家族を守る為に大寿に立ち向かいます。

大寿は弟を殺さなければならない事に涙を流しながら八戒を殴り倒し、教会の周りを100人の兵隊に包囲させ、タケミチたちに逃げ場が無い事を告げます。

それでもタケミチ・三ツ谷・千冬は、八戒と柚葉を助けると約束し、笑顔を見せるのでした。

それでは、2019年4月3日発売の週刊少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』最新104話のネタバレ・あらすじ・考察についてお届けしていきますので、お見逃しなく!

ひろし
覚悟を決めて立ち上がった八戒を簡単に殴り倒した大寿はやっぱりとんでもない化け物ですね。

しかも100人に包囲させてるところは、勝ちに対する執着の凄さを物語っていますね。

関連記事:東京卍リベンジャーズ最新刊10巻無料を電子書籍アプリで読む方法


スポンサーリンク



漫画『東京卍リベンジャーズ』前回の内容は「八戒の家族を守る為の戦い」

柚葉が幼い頃、病床の母親は柚葉を守ると言ってくれていましたが、病気には勝てずに亡くなってしまいました。

母親の墓前で八戒が小学校に入学した報告をし、家族を守る事を約束した柚葉は、家では大寿の暴力から八戒を守っていました。

柚葉が八戒を庇っても大寿はすぐに見抜いて八戒を殴ろうとしますが、柚葉は自分が代わりに罰を受けるから八戒を殴らないようにと大寿に土下座をして頼みます。

ずっと一人で八戒を守ってきた柚葉の心に付け込んで、稀咲はナイフを渡し、大寿を刺すようそそのかしたのでした。

しかし、今柚葉の目の前には、八戒を守る為に大寿に立ち向かうタケミチ達の姿と、一緒に戦う八戒の姿があります。

家族は絶対オレが守る!と叫び大寿に立ち向かう八戒を見て、柚葉は母親から抱きしめられた感覚を思い出していました。

乾との戦いで足を痛めて倒れてしまう千冬、三ツ谷もココとの戦いで膝をついてしまいます。

そして、大寿の前でフラつき、倒れてしまいそうなタケミチを八戒が支え、もうとっくに限界なんか超えてたよな、とタケミチの頑張りに礼を言います。

オマエは愚かだな八戒、結局全てを失う事になった、と大寿は弟が道を誤った事を笑いますが、もう八戒の心は折れません。

ウッセェバカヤロウ!地獄で顔洗ってこいカス、目ぇ覚めんぞ!と大寿に悪態をついて笑います。

そんな八戒に聞こえてきた空気を切り裂くような排気音は幻聴ではなく、タケミチや千冬にも聞こえていました。

この音は、マイキーのバブだ!三ツ谷は聞き覚えのある音の接近に驚きます。

 

感想

柚葉の小さい頃の記憶、母親との別れと約束は悲しいですね。

母親の代わりに家族を守る事で、いつかまた母親にギュっとしてもらえると信じていて、遂にその願いが叶えられた回でした。

稀咲が柚葉のそんな気持ちにつけこんだ事は許せませんが、柚葉の心を見抜いていた洞察力は凄いですね。

大寿のバケモノっぷりは健在ですが、八戒はもう睨まれても殴られても怯える事はなくなりました。

そして遂にタケミチたちの窮地にマイキーが登場します!

ひろし
幼い頃の大寿はトイレの便座が上がっていただけで八戒をボコボコにするっていう暴君っぷりを発揮していました。

自分なりに正しい事をしているつもりっていう所が厄介なパターンですね。


スポンサーリンク



漫画『東京卍リベンジャーズ』最新104話でマイキーが登場して一挙逆転

 

教会の近くにいたマイキーとドラケン

タケミチたちが大寿と立ち向かっている時、マイキーはドラケンを後ろに乗せてバイクを走らせていました。

三ツ谷のインパルスの音が聞こえた気がしたマイキーでしたが、こんな雪の中走ってるのはお前だけだと帰宅を急かされて走り去ってしまいました。

マイキーの事だから、仲間のバイクの音を間違えるはずがないという確信があって周りを探したのかもしれません。

もしからしたら黒龍の兵隊100人がゾロゾロ大移動しているのを見かけて追いかけてきた可能性もあります。

 

戦いはトーマン対黒龍になる?

稀咲を信頼していない千冬が事前に三ツ谷に連絡を取っていて駆け付けてくれましたが、トーマンを抜けている八戒の立場もあり、三ツ谷は個人的な問題としてマイキーたち他のトーマンメンバーには報告していませんでした。

三ツ谷が仲間を連れて来ると思っていたタケミチはガッカリしていましたが、三ツ谷らしい判断だと言えます。

しかし今、八戒は黒龍の特攻服を脱ぎ捨て、トーマンの弐番隊副隊長として大寿と向かい合っています。

停戦協定も破棄された今、事態は柴家の兄弟喧嘩ではなく、トーマン対黒龍の戦争へと発展しつつあります。

100人の兵隊まで動員した大寿に対して、マイキー率いるトーマンが仲間を助ける為に戦う理由は十分にあります。

 

漫画『東京卍リベンジャーズ』最新104話で稀咲と大寿の戦いに対する考え

 

マイキー登場は稀咲の計画通り

マイキーが黒龍の動きに気づいて駆け付けたという可能性以外に、稀咲がマイキーを呼び出した事も考えられます。

トーマンの頭と黒龍の頭がぶつかれば戦争に発展して事態は混沌となり、稀咲が暗躍しやすい状況を生みます。

マイキーが大寿に負けるような事になれば、それに乗じて稀咲がトーマンの頭に就く事も可能です。

マイキーが勝てば、黒龍をトーマンが吸収し、稀咲の息のかかった実行部隊に仕立て上げる事が出来ます。

稀咲がただ面白がって今の状況を作り出したとは考えにくいので、決着までに何か仕掛けてきそうです。

 

大寿が描く家族の形

八戒と柚葉を長年暴力で支配してきた大寿ですが、自分では家族を守ってきたつもりのようです。

柚葉の記憶では、大寿が暴力を振るいだしたのは母親が死んでからなので、何か決意を持って妹と弟を恐怖で縛っていたように思えます。

暴力や闇の資金集めに手を染めている大寿が実は敬謙なクリスチャンで祈りを欠かさないというのもチョットイメージが違う気がします。

柚葉と八戒を殺す覚悟をした時も神の試練と称し涙を流していたのも、自分の蛮行を正当化する口実ともいえますが、強い拘りを持って実行にうつしているようです。

大寿の歪んだ愛情が、柚葉と八戒の家族を思う気持ちと歩み寄る事は絶対になさそうですが、もし解り合う事が出来たらそれが最高なんですけどね。

ひろし
マイキーが助けてくれたらこれほど心強い事はありませんが、トーマンの頭が出張る意味は大きなものになってしまいますね。

全面戦争になって得をするのはやっぱり稀咲なんでしょうか?

関連記事:東京卍リベンジャーズ最新105話ネタバレ「暴走したマイキーが大寿を瞬殺」


スポンサーリンク



漫画『東京卍リベンジャーズ』最新104話に対するSNSの感想・評判は?

 

漫画『東京卍リベンジャーズ』最新刊を無料で読むには?

東京卍リベンジャーズ最新82話ネタバレ「タケミチがタイムリープをカミングアウト」

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアが注目されつつある電子書籍アプリですが、

今私が利用してオススメなのが、U-NEXTになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も揃っていて、600円分無料で読めます!

東京卍リベンジャーズ最新82話ネタバレ「タケミチがタイムリープをカミングアウト」

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年10月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

東京卍リベンジャーズ ネタバレ 最新 104話 まとめ

今回は、2019年4月3日発売の週刊少年マガジン連載漫画『東京卍リベンジャーズ』最新104話のネタバレ・あらすじ・考察についてご紹介してきましたが、如何でしたか?

大寿の圧倒的な力にも、八戒はもう怯える事無くタケミチたちと支え合いながら立ち向かいます。

それでも絶体絶命な状況は変わらず、そこに響くマイキーのバイクの音が近づいてきました!

マイキーの登場はタケミチたちの希望になるのか?それとも新たな波乱を呼んでしまうのでしょうか?

スポンサーリンク